音楽会

先日三木山森林公園の森の文化館にて
息子の保育園の音楽会がありました。

近くなのに今まで訪れたことがなく、
どんなところか知らなかったのですが、緑がいっぱいで
とても気持ちのいい場所でした。
芝生広場や研修館、バーベキュー広場もありました。
森の文化館は舞台の裏がガラスになっていて
とても開放的できれいです。

おもちゃのチャチャチャにあわせて踊るはずがぜんぜん
違うことしてました。。。舞台に上がっただけ。。。?!

ファイル 24-1.jpg

内部は木製の有孔パネルがはってあり
素朴で素敵な雰囲気でした。

ファイル 24-2.jpg

またゆっくり家族で遊びに行きたいです。

ワークショップ

6/13日と14日にワークショップを行いました。

フェルトでコースターやなべ敷き
顔色の悪いくまさんなどなどをつくって
楽しい個性のある作品になりました!みなさん器用でございました。。すばらしい。

ファイル 22-1.jpg

おいしいお菓子を食べながらお茶を飲んで
ゆるーく色の話を聞いていただいて
あっという間に時間が過ぎていきました。。。

ファイル 22-2.jpg

いままで色に興味がなかった方が興味を持ちました。。。と
コメントをいただいたのはとてもうれしかったです。
二日目はご希望の方にカラーカウンセリングなどもしてみました。

次回は脳とリラックスについてまたゆるーくお話をさせていただきます。
どんなワークショップにするかは計画中ですので
乞うご期待です!

お越しいただいた皆さん、貴重なお時間を
本当にありがとうございました~!

ファイル 22-3.jpg
ファイル 22-4.jpg

パン

ファイル 21-1.jpg

昨日OBのお客様が事務所に遊びにいらしてくれました。
なんと手作りパンを持って。。。
黒糖がほんのりあまくておいしい。

作りたてのパンって何でこんなに食べられるんだろう。。
とまらなくなってしまいました。

うちの子保育園やすみだったので同席して
ももりもりいただいてました。。。

こないだお邪魔したときにはとってもっちゃかった
三男の功倫くん。

ファイル 21-2.jpg

顔立ちがあっという間にしっかりしてきて
ニコニコ笑ってくれました。ああ癒される。。。
贅沢な月曜の午前でした。。。!

ハンドクリーム

今日は朝からスタッフ山下と一緒に
ハンドクリームを作ってみました。
わびすきの香りとしてご縁があった方にプレゼントしようかな。とおもい
つくってみました。

テーマは幸福。。。!
ここち良い香りです。

蜜蝋、ホホバオイル、ココアバターを湯せんにかけ
ブレンドした精油をたらします。

ファイル 19-1.jpg

ケースにつめてわびすきはんこを押してできあがりました。

ファイル 19-2.jpg

あら簡単。
楽しくてすりすり塗りすぎて
かなりオイリーになってしまいました。。。

サンドウィッチ?

スタッフ山下です。

先日母と、母の友人親子さんが我が家に遊びにやってきたときのこと。
「サンドウィッチ買っていくね~」
と言った母が買ってきたものがこれ。

ファイル 18-1.jpg

大きなずっしりしたパンをくりぬいて、そこにサンドイッチが詰まっています!
ふた(といってもパンですが)をあける前の写真は撮りそこないましたが、トリコロールのリボンがかかって、とってもかわいかったです。
サンドイッチも、周りのパンも、とってもおいしくいただきました。

こちらは芦屋にあるパン屋さん、オ・ボン・サンドウィッチビゴで購入できます。
(ただし予約がいるみたいです)
それ以外にもとっても魅力的なサンドイッチがいっぱいあるので、行くと何を買うか迷ってしまうお店です。

にょきにょき

事務所の坪庭から見えるしゃくなげが
にょきにょき芽を膨らませて花を咲かせています。
見る見る赤い花びらがでてきてとてもかわいい。

ファイル 17-1.jpg

ファイル 17-2.jpg

観葉植物もにょきにょきのびてきて
シマトネリコのきもにょきにょきのびてきて
いろんな植物が元気に大きくなっています。

なぜかかれてしまっていたオタフクナンテンも
なぜか復活しました。

庭なし生活の長かった私は
新居の植物たちの成長の
いろんなことが新鮮でとても楽しいです。

そして砂利の間からは雑草くんがたくさん。。。抜かねば。

アモーレ

京都木屋町鴨川沿いにある
イタリアンレストラン、アモーレ木屋町に行ってきました。
川の見える席は残念ながら予約では入れなかったのですが
お店の脇の通路にたくさんのハーブプランターがあり
それを見ながらのお食事。
元気に育ったハーブたちを見てると食欲もわいてきます。。。

ファイル 16-1.jpg

ランチセットをたのんで3人でメインをわけわけ。
プロシュートのピザとトマトパスタを2種類。
どれもとてもおいしい~。

ファイル 16-2.jpg

トマト好きのわたしは大変満足いたしました。

ブータン

スタッフ山下です。
少しお休みをいただきまして、ヒマラヤの仏教王国、ブータンに行ってまいりました。
GNPではなくGHP(国民総幸福量)を重視しようというスローガンのもと、独自の近代化を進める国。
行かれた方の話を聞いてからあこがれ続けて8年、ようやく行くことができました。

ファイル 15-1.jpg

山の間をすり抜けるようなスリリングなフライトを経て降り立ったブータン。
民族衣装を身にまとった専属のガイドとドライバーに出迎えられ、(完全な個人旅行ができない国なのです)VIP気分の旅です。

ファイル 15-2.jpg

それぞれの村ではゾンといわれる県庁のような役割の建物を見学させてもらいました。
修復されたものもあれば、17世紀に建てられた当時のままのものもありましたが、どれも立派で美しい!
また寺院を併設しているので若い僧侶がたくさんそこで生活しています。
白い壁に鮮やかな色彩で描かれた仏画、そして真っ赤な袈裟が良く映えます。

ファイル 15-3.jpg

お祭りのときに演奏するために楽器の練習をしている姿にも出会えました。

冬にはオグロヅルがチベットからやってくるため、それを保護するために電気を通さずにソーラーと自家発電のみで生活するポブジカの谷では農家のお宅を見せていただきました。

ファイル 15-4.jpg

言葉はわからないけど、大阪のおばちゃん、といった感じの勢いのあるトークで楽しませてくれたおばさま。
放牧している牛のミルクでつくったバター茶や、自家製のお酒、アラをごちそうになりました。

最後は数ある寺院のなかでも聖地といわれるタクツアン僧院。
なんでこんなところに、、、と思うようなところに建っています。

ファイル 15-5.jpg

標高3000mほどのところのため、酸素不足で最後はよろよろしながらもなんとか到着することができました。
観光客だけでなく、静かに祈りを捧げるブータン人も数多くおり、チベット仏教の教えが生活の隅々にまで及ぶブータン人にとっても特別な場所なのだな、と感じました。

多くの人が携帯電話を所持し(山の中でも驚くことにしっかり電波が届きます)、首都のティンプーでは車も多く、洋服で生活する人も多く見られ、近代化されつつあるのを感じました。
でもその一方で相変わらず昔ながらの方法で何年もかけて家を建てている姿を見かけたり、何するわけでもなく道端に座っておしゃべりしたりしている姿に、まだまだのんびりと流れる独特の空気を感じることができました。
また農村部へ行くとまだまだ民族衣装を着こなし、ドマ(ビンロウジュの実。キンマの葉と石灰と一緒に口に含むと独特の苦味のある嗜好品で、赤い汁が出てくる)で口を真っ赤に染めた人なつっこい笑顔に会うこともできました。
人を喜ばせるのがすき、というブータン人たちの温かさに、ほんとうに幸せな気持ちの旅となりました。

息子と沖縄旅行

26日から2泊で息子と二人ちょっとはやいGWということで
沖縄に行ってきました。
友人ファミリーが北谷町にすんでいるので
遊んでもらいました。

北谷には米軍基地があります。
昼間から鳴り響く戦闘機の轟音と
穏やかに家族が集う白い砂浜の波の音が
なにかミスマッチで不思議な気がしました。

アメリカの人たちの住む家の家賃も聞いてびっくり。
現地の相場の3倍くらいの家賃だそうです。
生活の基準も違って、でも一緒に暮らしている町は
とても独特の雰囲気で、そんな中を
友人と子供たちと一緒にゆっくりベビーカーを押しながら長い間散歩しました。
友人のご主人はイギリスの方で、ハーフの子供たちは
天使のようにかわいい!!つれて帰りたくなりましたよ。

ファイル 14-1.jpg

ファイル 14-2.jpg

ホテルはテラスガーデン美浜リゾート。
清潔で落ち着いた雰囲気のお部屋でリラックスしました。
巨大ジャクジーでは息子大はしゃぎで転倒。。。そして号泣。
あぶないあぶない。でもまたはしゃぐ。。。
部屋からの眺めも素敵でした。

ファイル 14-3.jpg

こだわりの自家農場で取れた野菜をふんだんに使った
朝食のフルコースは大満足。
次から次へと楽しいプレートがでてきます。

ファイル 14-4.jpg

スタッフの方々も親切で
なんていうか、いろんな意味でていねいに作られたホテルだな。
と思いました。

沖縄は何度行ってもまたいきたくなります。
今度はいついけるかな。

同窓会

土曜日に京都にて大学時代の友人が集まって
同窓会チックなものをしてきました。
ベイビー2人に大人9人。
楽しい宴でした。。。!

ドゥースグーという三条柳馬場にあるフレンチのお店。

ベーコンのアイスクリームからはじまりました。
しょっぱな驚かせてくれるとテンションがあがります!

そしてスープは白ニンジン。
横から見ると層が見えて美しい。
スープを横から見るって。
そのための器というのがこだわっててうれしいです。
変な形。

ファイル 13-1.jpg

魚料理は絵を描いたようです。黒いのはチョコじゃなくて
赤ワインのソースだそう。おいしかった~!

ファイル 13-2.jpg

おいしいお食事にも満足だけど
何よりうれしいのは
会うたびにみんながどんどん美しくなっていることです。
子供ができたりお仕事がかわったり
悩んだり、疲れたりもするけど
でも会うたびみんなで楽しいのはみんなが幸せだからだな。。。
と思います。

次回も楽しみ。